スタッフブログ

2018年8月

2018年8月の記事一覧です。

明るい方?薄暗い方?


皆さんは、夜人通りの少ない道を歩く時、明るい道を行きますか?それとも、薄暗い道を行きますか?

先日の夜、外出をした帰り道・・・
大通りから外れた路地を使い、自宅へと戻る道を歩いていました。
主人と話しをしながら歩いていたのですが、道路を見て、ふと――。

「あれ?この道、こんなに薄暗かったっけ(・_・`)?」

何度か通ったことのある道ですが、あまり気にしたことがありませんでした。街灯はぽつぽつ立っており、光は少し弱め。住宅やマンションが並んでおり、道路は真っすぐで見通しはいい。
でも、薄暗いとちょっと怖くなります。

「こういう道路って、もうちょっと明るくできないのかな?明かりが少ないと不審者がいそうで怖いよね?」

何となく主人にそう言ってみると・・・

「いや、こういう薄暗い道の方がいいんだよ」

え~!?∑(゚◇゚ノ)ノ
明るい方が人が良く見えるから危ないって分かるじゃない。

明るい道?薄暗い道?どっちがいいのでしょうか?

後日、社長の若松に聞いてみました。するとーー

「歩くなら、あまり明るくない道がいいよ」

場合にもよるそうですが、私の考えの方が逆だったようです( ̄口 ̄|||)

主な理由としては下記の3点があげられるそうです。
①建物が多いと見通しが悪い
②建物が多いと隠れる場所が多く、逃げる場所がない
③明るいと、狙った相手が女性であるかどうか等が遠めから分かりやすい

こちらから相手が分かるという事は、相手からもこちらが確認できるんですね・・・

道が薄暗いと、はっきりと相手を認識する事ができず、犯行に及びにくいのだそうです。

まだまだ勉強不足です・・・despair

メイン通りを歩くのが一番安心だとは思いますが、人通りの少ない道を歩く時は、できるだけ明るくなくて建物が少ない道を歩くように心がけようと思います。

また、最近では家電量販店等で購入する以外に、スマホアプリでも防犯アラームがダウンロードできるようですね。

小さいお子様や女性の方は特に、外出時は安全対策をしっかりと行うようにしましょう。

女子部の駿河でしたsmile