システム案内

商店街向けシステム

商店街の防犯対策


街頭カメラ.jpg

 

商店街出入口・商店街通路・路地裏・アーケードの屋根等の防犯カメラによる監視を行います。

商店街では、こんな犯罪が発生しています。

  • 夜間・店舗のシャッターや壁に悪戯書きをされる。
  • 放火
  • 夜間・無人の店舗に侵入、泥棒被害。シャッターこじ開け、ショーウィンドウを割って侵入。
  • 夜間・無人の自宅(2階)に侵入、泥棒被害。アーケードを伝って侵入。
  • ひったくり
  • 置き引き
  • 万引き
  • 通り魔
  • 強盗
  • 幼児の連れ去り、誘拐

商店街出入口・商店街通路・路地裏・アーケードの屋根等を防犯カメラによる監視を行います。防犯カメラは商店街全体の見通しの補完、犯意の抑制、万が一の犯罪発生時の犯人特定や証拠といった観点から有効な位置、台数を検討し、適切に配置します。

また、昼間の営業時間中にアーケードを伝って2階の住居部分に侵入する侵入窃盗被害が多発しているため、アーケードの出入口に赤外線センサーを設置し、アーケードを伝って人が出入りするのを検知しベルやサイレンで威嚇撃退します。

防犯カメラと連動させると、異常発生を画像で確認する事ができます。

犯罪者に対し、防犯カメラ、アーケードへの侵入警戒システムが設置されている事を大きな防犯ステッカーやセキュリティキーパー等で知らしめることで、抑止効果がより大きくなり効果的です。

非常用押ボタンを電柱等に複数箇所設置し、異常発生時に押されるとベルやサイレンで異常発生を周囲に知らしめる事ができます。


商店街の防犯カメラシステム

  1. 昼間だけでなく夜間も撮影できるようにデイナイト機能を内蔵した防犯カメラにする。
  2. 撮影する範囲が広いため、防犯カメラは複数台で監視する。
  3. あまり、広角域のレンズで監視する事は避ける(広角レンズは広い範囲を撮影する事は可能であるが、被写体が小さくなってしまい人物の判断ができない)。
  4. 回転台やズーム機能がある防犯カメラは台数を少なくする事ができ、ズーム機能で被写体を大きく撮影する事ができるが、監視したい方向に向ける為、センサー等の信号が必要になり設置が困難な場合がある。できれば各区域に分けて複数台の防犯カメラで撮影するのが望ましい(複数台設置の場合には記録漏れが少ない)。
  5. 防犯カメラの映像はデジタルレコーダー等に多重記録できるシステムが望ましい。台数が多い場合は大容量ハードディスクを増設する(記録間隔を短くし、記録漏れを防止するする為)理想の記録間隔は監視カメラ毎に1秒間2コマ記録できる事が望ましい。記録装置は管理事務所等に設置する。
  6. 事件発生時に別の記録装置(外部メモリー)に記録映像が複写(コピー)できるように用意しておく。
  7. 必要に応じ、映像を遠隔場所でも監視画像を確認できるように、インターネット(ブロードバンド)接続環境を設ける。あらかじめ、録画した映像の取扱いに関して、商店街組合内で取り決めを行い、一般客のプライバシーに最大限の配慮をした取扱いマニュアルを作成する。防犯カメラの録画映像は厳重に保管する。
カメラシステム.gif

 

 

 

バナー01.png

 

 

 

 

主な使用機器

ハウジング型スーパーデイナイトカメラ(VHC-IR981W)

VHC-IR981W.jpg

 

 

 

ハウジング一体型の高機能スーパーデイナイトカメラ!

 

 

 

 

機能・特徴
  • 約48万画素のSuperHAD CCDⅡと最新のデジタル信号処理(DSP)の採用により、水平解像度650本の高解像度・高感度の鮮明な映像を実現。
  • 設置場所が明るい時にはカラー映像、夜間等の暗い時には白黒映像に自動で切替わるデイナイト機能搭載。
  • 赤外線照明の光量制御回路、及びハレーションレス機能を搭載し、赤外線照明によるハレーション(白とび)を提言し鮮明な暗視映像を実現。
  • カメラハウジング一体型ですので、屋外にそのまま設置できます(IEC規格:IP66準拠)
  • 監視エリア内で撮影をしてはいけない任意の場所にプライバシーマスクをかけて映像を隠すことができる、プライバシーマスキング機能搭載。
  • モニターの設置状況により、映像を左右反転、上下反転、180度回転で表示できる映像反転・回転表示機能を搭載。

 

 

デジタルレコーダー(DVR-H403/803/1603)

DVR-H803.jpg

 

 

 

H.264デジタルレコーダーにDVDドライブユニット、カメラコントロール機能、ネットワーク機能、ミラーリング機能搭載。

 

 

 

機能・特徴
  • 1TBの大記録容量ハードディスクドライブの標準搭載により長時間の映像記録が可能です。更に、別売ハードディスク3台を内部に増設する事ができます。
  • ハードディスク増設時、2台のハードディスクに同時に同じ映像を録画できるミラーリング機能を搭載。一方のハードディスクが故障しても、もう1台のハードディスクで再生することができます。
  • H.264画像圧縮方式を採用。高画質デジタル記録により、繰り返し録画・再生しても画像の劣化はありません。
  • ビジュアルサーチ、イベントサーチ、簡易サーチの3タイプの検索モードにより、見たい画像を素早く検索再生できます。
  • 各スマートフォンのブラウザでライブ映像を確認する事ができます。また専用アプリケーション(有償)を入れる事により、再生映像の確認やPTZカメラのコントロールも可能です。

 

 

 

バナー01.png